音のスタンプラリー

中垣 拳

  スタンプラリー湊音(みなとおと)は音のスタンプラリーである.みなとメディアミュージアム2010において茨城県ひたちなか市那珂湊駅周辺地区にて実施した.那珂湊駅および那珂湊商店街の一部店舗に設置されたスタンプを台紙に押していく.それぞれのスタンプは音を表しており,駅に設置された専用台に台紙をかざすとそれぞれのスタンプの音が聞こえてくる ー 駅のスタンプなら電車の音、肉屋さんなら油で揚げる音,時計屋さんなら秒針の音…たくさんのスタンプを集めると音が組み合わさって那珂湊のハーモニーが完成する.
 その地の音に思いを巡らせながら街を巡り,街を歩いた思い出をなぞらえながら音に耳を傾ける—そのような狙いを持ったスタンプラリーである.

 本作品は画像処理技術を用いることで,従来の紙やスタンプの質感を失うこと無く,コンピュータによる情報の付加/演出が可能であるため,音のスタンプラリーだけにとどまらず,多様な応用も考えられる.また,ユーザのIDを識別することで,各ユーザの巡回経路も記録することが可能だ.


-展示

みなとメディアミュージアム2010(茨城県ひたちなか市那珂湊駅周辺, 2010.8.8-9.5)