コンパス型図形描画インタフェース

中垣拳, 筧康明

 近年,ペンや紙にデジタルメディアを組み合わせることにより,デジタル技術の利点を加えながら手描きの作業を支援するシステムがいくつか提案されている.本研究では,身近で簡易に図形を描画できるツールとしてコンパスに着目し,その仕組みにデジタル制御を加えることで,円のみならず多様な図の描画を可能にすることを考える.具体的には,本システムでは一般的なコンパスと同じようにデバイスをつまんで回すと,回転角度に応じて脚の角度が制御され,円以外にも四角形・星型など様々な図形を描画できる.デバイスは,紙とデバイスの角度関係を認識するロータリーエンコーダと,脚の角度を制御するサーボモータによって構成される.
 COMP*PASSは,日常の文房具の中にコンピュータによる支援がシームレスに溶け込んで,紙の上における創作行為を豊かにするような未来を描く.

-学会発表

ACM CHI2014, interactivity (2014.4).
情報処理学会第31回SIGEC研究会, (2014.3).
日本バーチャルリアリティ学会第18回大会, (2013.9).

-展示

いしかわ夢未来博(石川県産業展示館, 2013.11.9-10)
Open Research Forum 2013 (東京ミッドタウン, 2013.11.22-23)
JST-CREST x Miraikan Open Lab 2013 (日本科学未来館,2013.12.14-15)
XD Exhibition 2014 (二子玉川ライズ CatalystBA, 2014.3.1-2)
ICCオープンスペース,”HABILITATE” #01 (NTTインターコミュニケーション・センター, 2014.6.21-9.21)

-受賞

2014年度情報処理学会,山下記念研究賞 (2014).
James Dyson Award 2014, 国内選考第三位および国際選考TOP20(2014).

-メディア

dezeen(WEB), (2014.11.17).



Press Kit (High Resolution Image Data)