中垣 拳 / Ken Nakagaki

インタラクションデザイナー、HCI研究者

MIT Media Lab 博士課程に在籍、Tangible Media Groupに所属。デジタル情報やコンピュータによる支援をディスプレイの中から解放し、フィジカルな道具や素材にシームレスに融合するインタフェース及び、そのようなインタフェースによる人の知覚のデザインに好奇心を持つ。ACM CHI、UIST、TEIなどの学会や、Ars Electronicaなどのアートフェスティバルで研究の発表・展示を行う。主な受賞に、Golden A’ Design Award(2016)、文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品(2012)、国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC2011) 総合優勝など。

略歴 :

2016.6~ MIT Media Lab, PhD Research Assistant (Tangible Media Group)
2017.5~2017.8 Disney Research Pittsburgh, Lab Associate (Intern).
2014.9~2016.6 MIT Media Lab, M.S. Research Assistant (Tangible Media Group)
2013.4~2014.9 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程
2010.4~2014.9 筧康明研究室(環境情報学部)
2009.4~2013.3 慶應義塾大学 総合政策学部

研究領域 :

Interaction Design / Human Computer Interaction / Tangible Interface / Shape Changing Interface / Entertainment Media / etc

連絡先 :

ken_n [at] media.mit.edu